きれのはな

お雛様

お雛様の歴史 女の子の無事な成長を願ってお祝いする雛祭り。

代々女性がいる家では大切に守られてきたお雛様を年に一度、三月三日に合わせて飾りつけ次の世代へと風習を伝えてきました。
お内裏様とお雛様、三人官女に五人囃子、菱餅にぼんぼり…。ひとつひとつに意味がある雛飾り。お内裏様は天皇陛下を、お雛様は皇后陛下を模して、宮中の雅やかな様子を華やかに表現しています。これは『源氏物語』にも描かれた「ひいな遊び」という少女たちの人形遊びが、宮中で行われていたこととも関係があるようです。
この「ひいな遊び」と紙の人形(ひとがた)にけがれを移し、身代わりとして川や海に流す「流し雛」の風習。ふたつが結びつき、江戸時代になると女の子の無病息災や将来のしあわせを願った雛祭りが行われるようになりました。こうした長い長い歴史を経た上に、何世代もの家族や女性たちによって風習として守られてきた雛祭り。これからも大切な伝統行事として後世へと残していくべき文化といえます。
きれのはなのお雛様 三段雛飾り
京都の人形寺…。ここには、御所ゆかりの雅やかな雛人形が所蔵されています。
京都の町家…。ここでも、代々受け継がれてきた七段飾りの雛飾りや豪華な雛人形が残されています。
そして、祇園「きれのはな」…。小さく愛らしいという意味を持つ「雛」という言葉にふさわしく、ここではちょこんとしたお雛様たちが並んでいます。
和のやさしい風合いを伝える一越(ひとこし)ちりめんを使い、ひとつひとつ手づくりから生まれた雛飾り。顔立ちも着物も、同じものはないという一点ものです。つくり手の想いが伝わる表情は、本格的な雛飾りとはまた違った味わいがあります。ちょっとした空間に飾れる手軽さとおだやかな表情に導かれ、思わず連れて帰りたくなるはず。三人官女や五人囃子が付いた三段飾りをはじめ、お内裏様とお雛様が屏風の前に並ぶ雛飾りや吊雛もご用意しています。飾る場所を選ばない親指ほどのお雛様は、ご自分用としても贈り物としてもおすすめの商品です。 雛壇飾り
ちりめん細工館のサイトへ